カラーコンタクトの芸能人

カラーコンタクトの芸能人を参考にしよう

パッと見ただけでは分かりませんが、現在では芸能時の多くがカラーコンタクトレンズを愛用しています。

少し見ただけではわからないのですが、「きれいなヒトミだな」とか、「目がかわいいな」と感じる芸能人がいたら、それはカラコンをつけているのかもしれません。

カラーコンタクトレンズは明らかに「つけているな」とわかるものから自然に馴染むくらいのものまで様々ですから、一見しただけではどちらなのかは判断ができないのです。

芸能人が愛用していることからも、目元が印象にどれだけ効果的かということがわかるのではないでしょうか。

目元は顔の印象の八割を占めると言われています。

人は相手の目を見て、そのひとがどんな人かを想像するのです。

そんなに大切な「目」ですが、生まれ持った色などは簡単には変えられません。アイメイクをどれだけしても、「ヒトミ」そのものは変えることができないのです。

そのヒトミを思うようにアレンジできるアイテムが、カラーコンタクトです。

ですから、人に見られるのが商売の芸能人は、カラーコンタクトを自然に使いこなしているのです。

ヒトミをすこしだけアレンジすることで、自分の印象が大きく変わることを芸能人たちは知っているのです。

写真にとられる時、テレビや映画館のスクリーンに映る時、自分の最大限の魅力を引き出すためには手段を問わないのです。

もちろん、エキセントリックな印象をウリにしているタレントなどは、あえてカラコンをつけていることがわかるようにしていることもあるでしょう。

個性派タレントやロックミュージシャンなど、明らかに目の色が違う方も沢山います。

そのような方も、その状態がその人のアイデンティティを最大限生かす状態であることを自覚しているのです。

カラーコンタクトレンズはシンプルなアイテムです。

ただ目の色を変えるだけといってしまえばそれだけのものなのです。

ですが、ヒトミが少し変わるだけで全然違う印象を相手に与えることができることは間違いありません。

Fall in Eyez